MacOSのクリーンインストール方法(Mojave)

Apple

MacOSクリーンインストール方法

MacOSの動作が重くて作業が遅い。キレイにMacをリフレッシュさせたい。YosemiteからMojaveにアップグレードして不具合があるならクリーンインストールしてリセットさせたい。こんな理由からMacOSのクリーンインストールを実施します。

Macをリカバリモードで起動します

  • 電源ボタンを押したタイミングで「command」+「R」を押す
  • MacOSユーティリティが起動してきます。
  • ディスクユーティリティを選択します

ディスクの初期化方法

  • 左ペインの内部ディスクを選択します
  • 画面上部の「消去」をクリックします
  • 名前を入力します。デフォルトは「Macintosh HD」で任意
  • 「フォーマット」はSSD搭載Macであれば「APFS」を選択
  • 「消去」をクリックします

数分でディスクの消去が完了します。

ディスクユーティリティの終了

  • 画面左上のディスクユーティを選択
  • ディスクユーティリティを終了を選択

これで最初の「MacOSユーティリティ」が表示されます。

macOSの再インストールを実行

  • macOSを再インストールを選択して「続行」をクリック
  • OSのインストール確認画面が表示されますので「続ける」をクリック

既存でインストールされているOSがインストールされます。

問題が発生したのは「MORISAWA FONT」

MORISAWA PASSPORTのライセンスを持っているので、クリーンインストール前と同じく「MORISAWA」のFONTをすべてインストールしたところ、Adobe製品のCreativeCloudのillustratorが落ちてしまう現象が発生しました。

問題はフォントの入れすぎとのことでした。不要なフォントを削除すると軽快な動作でMacProは動きだしています。

実は、FONT WORKSのFONTもインストールしているので数千のフォントをインストールしていました。FONT WORKSのフォントは削除せずに、「MORISAWA」のFONTだけ削除しています。

ひとり情シスより

今回は、MojaveへのアップグレードでAdobe製品の不具合があったりそもそもMacOSの動作が不安定などがネットで挙げられています。昨年購入した「MacBookPro」でも購入直後にカーネルパニックが発生して、OSの再インストールを実施した経緯があるので、今回は、クリーンインストールまで実施しています。思ったよりもサクサクした動作で2012年に購入した「MacPro」でも作業は実施出来ています。