Exchange

quarantine@メールのSPAM検知メールの対応方法

Exchangeメールサービスでは、SPAM検知するとメールサーバにアイテムを残して、ユーザーにSPAM検知メールを配信しています。ユーザーがアクションを起こさないと1週間後に自動でメールアイテムが削 …

Exchange

office for Mac outlookでも共有メールボックスを見る方法

office365では共有メールボックスという概念があります。これは、個人の受信メールボックスの容量を消費することなく「50GB」が利用出来るとてもお得なサービスです。 今回は、共有メールボックスのメ …

Exchange

インプレース保持したアイテムを検索して表示させるには

実際に有事の際に訴訟ホールドを有効化しているメールアイテムを確認するには、インプレース電子情報開示(検索機能)を使用してメールアイテムを確認します。今回はインプレース保持したメールアイテムの確認方法に …

Exchange

インプレース保持、訴訟ホールド機能 Exchange Onlineで管理

事件が発生した場合や情報漏洩問題が見込まれる際に管理者としては、しっかりとエビデンスを保管保持しておくことが必要です。そんな時に設定しおく機能が「訴訟ホールド」です。この機能を使用する場合には必要なラ …