先進認証・モダン認証・ADAL認証の有効化

office365

先進認証・モダン認証・ADAL認証は全て同じ意味のことで、office365 のサイインする時の認証方法のことです。

ユーザー側に影響があるのは、ログインID/PWを入力するインターフェイスが違うことぐらいです。この先進認証を有効化することで、多要素認証(2段階認証)が利用出来るようになります。

今回使用する2段階認証は、専用アプリ「Authenticateror」というMicrosoftから提供されているアプリを使用します。

今回は、先進認証の有効化無効化についてシェアしたいと思います。

先進認証はいつから始まった?

先進認証は2017年8月1日以降にoffice365 へ契約したテナントでは全て有効になっています。その為、それ以前から契約したてなんとは無効になっています。

先進認証の有効化はPower shellで実行します

Exchangeの認証方式の確認を実行します。

Skype for Businessの認証方式を設定します。

多要素認証(2段階認証について)参考サイト

ひとり情シスより

他所のクラウドサービスでも2段階認証ログインはあってあたりまでの状態ですしかし、office365を2017年8月1日以前からExchangeなどを利用しているテナント(会社)などは、先進認証が無効化になっています。そのため、2段階認証を使用する際には、有効化を実施しなければいけません。