Streamの動画データ管理、退職者アカウントのデータは保管される

Streamの動画データ管理、退職者アカウントのデータは保管される

Google AdSenseの広告です。クリックすると詳細な情報が見れます。

Streamのデータは、保管されます。

今回の要件は、Streamにデータを共有して運用しています。(社内、社外含む)

共有元ユーザーの退職により、アカウントが停止された場合のデータについて誰が確認出来て、どのようにデータにアクセスすることが出来るのか?

 

Streamのデータは、保管されます

ライセンスを剥奪されたアカウントがアップロードしたデータもクラウド上に保管されます。

削除されたデータは、30日後に完全に削除されます。この30日の閾値は変更出来ません。

1.Streamの管理者権限を付与する必要があります。

  1. Microsoft365へブラウザよりサインして「Stream」アプリを選択
  2. 画面右上の歯車アイコンをクリックし、[管理者の設定] をクリック
  3. 左メニューの “Stream の管理” セクションの [管理者] をクリック
  4. 現在の管理者を確認し、追加したいユーザーがいる場合には “管理者を追加します。” 欄に管理者として追加したいユーザーまたはグループの名前を入力し、検
  5. “現在の管理者…” に追加されたことを確認し、画面下部の [保存] をクリック

 

2.管理者モードで動画を編集 / 削除

  1. 管理者ユーザーにて削除したい動画へアクセス
  2. 動画の下部にあるメニュー項目内の […] をクリック
  3. [管理者モードで編集します] をクリック
  4. 画面上部に “管理者モードになっています。これらのアクションにより管理者モードを終了します。” と赤帯のメッセージが表示されます。
  5. 画面右上の [動画の削除] をクリック
  6. メッセージが表示されたら [はい] をクリック

※備考

管理者モードの切替えスライドについて、管理者権限を付与すると即時反映されるのですが、私の場合表示されませんでした。そこで「F5」(リロード)を実施して表示されました。

Microsoft Stream 管理者がビデオの詳細とアクセス許可を編集する方法について説明します。
docs.microsoft.com

 

データ領域の使用について(補足)

OneDriveのデータは、OneDriveストレージ領域を消費

    OneDriveは、契約ライセンスによって容量が違う(1TB~実質無制限にすることも可能)

              実質使用量が90%になった際に申告すると上限を上げることが可能(office365 E3ライセンス)

SharePointは、SharePointサイト、Teamsの添付データ保存領域として消費

               SharePoint領域は、テナントユーザー(ライセンス付与)X 0.5GB + 500GB = 保存領域

Streamは、Stream動画の保存領域として消費

    Stream領域は、テナントユーザー(ライセンス付与)X 0.5GB + 500GB = 保存領域

Microsoft Stream のライセンス オプションの概要
docs.microsoft.com

 

ひとり情シスより

Microsoft365のストレージ領域が分かりづらくなりつつあります。アプリが乱立してどこが基盤のストレージ領域なのか、管理者の頭を整理して置かなければいけません。ここら辺のストレージをまとめると運用が楽になる気がします。