Exchange Onlineメールボックス上限アラート通知

Exchage Onlineにてメールボックスの容量が決まっています。ユーザーよりメールが届かないなどの連絡が来る前に指定した閾値にメールボックスが達した場合に、管理者へアラート通知してユーザーにメールボックスの注意喚起をする為にとても必要な機能についてシェアしたいと思います。

 

Office365メールボックスの容量は?

office365のプランで「Business Essentials)などのExchange Online プラン1が付与されているライセンスでのメールボックスの初期容量は「50GB」です。E1プランの契約では、Exchange Onlineプラン2が付与されます。このメールボックス容量は「100GB」です。プラン別のメールボックスの容量はこちらです。これは、2018年7月時点の情報です。すぐに容量などサイズが変更されますのでご注意ください。

プラン別メールボックス容量

プラン名容量
Exchange Kiosk2GB
Exchange プラン12GB
Office365 Business Essentials50GB
Office365 Business Premium50GB
Office 365 Enterprise E1 50GB
Office 365 Enterprise E3100GB
Office 365 Enterprise E5100GB
Office 365 Enterprise F12 GB

参考URL:

 

警告はどんなのがある?

IssueWarningQuota : ユーザーに警告メッセージを送信するときのメールボックスのサイズ
ProhibitSendQuota : メッセージを送信できなくなるメールボックスのサイズ
ProhibitSendReceiveQuota : メッセージを送信および受信できなくなるメールボックスのサイズ

警告のボーダーラインは?

デフォルトの値はこちらです。
IssueWarningQuota : 49GB (98GB)
ProhibitSendQuota : 49.5GB (99GB)
ProhibitSendReceiveQuota : 50GB (100GB)

※ 警告値 : Exchange Online Plan 1 (Exchange Online Plan 2)

PowerShellコマンドレットで現状の確認

単体のメールボックスで確認するには?

[構文]
Get-Mailbox -Identity <対象メールボックスのアドレス> | fl IssueWarningQuota,ProhibitSendQuota,ProhibitSendReceiveQuota

全ユーザーのメールボックスの警告値を確認する

 

[構文]
Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | select DisplayName,IssueWarningQuota,ProhibitSendQuota,ProhibitSendReceiveQuota | Export-CSV -Encoding UTF8 -NoTypeInformation -Path “<保存先のパス\ファイル名.csv>”

PowerShellでメールボックスの各警告値を変更

ここでは任意の容量制限を設定します。社内ポリシーというかどの程度で管理者へ通知するのか良く検討しましょう。

全ユーザー のメールボックスを変更

[構文]
Get-Mailbox -ResultSize Unlimited -RecipientTypeDetails UserMailbox | Set-Mailbox -IssueWarningQuota <設定する容量> -ProhibitSendQuota <設定する容量> -ProhibitSendReceiveQuota <設定する容量>

メールボックス単位で変更する場合

Set-Mailbox -Identity <対象メールボックスのアドレス> -IssueWarningQuota <設定する容量> -ProhibitSendQuota <設定する容量> -ProhibitSendReceiveQuota <設定する容量>

容量警告通知を管理者ににも

メールボックスの閾値を設定して、管理者にも容量警告通知をしたいので通知設定を入れます。こちらは、トランスポートルールにて実施します。

警告通知設定はoffice365管理サイトから

1. 管理者アカウントにて Office 365 へサインインし、Exchange 管理センターを開きます。
2. 画面左の [メールフロー] をクリックし、[ルール] が選択されていることを確認します。
3. [+] をクリックし、プルダウンメニューより [ルールの新規作成…] をクリックします。
4. [名前] に任意のルール名を入力します。
5. [*このルールを適用する条件…] に [件名または本文に次の語句が含まれる] をクリックします。
6. [単語または語句の指定] 画面にて、空白部分に “メールボックスがほぼいっぱいです” と入力し [+] をクリックし [OK] を選択します。
※ 受信禁止、送受信禁止のメールも配信を行われる場合、”メールボックスがいっぱいです” を追加入力します。任意なのでなんでも良いと思います。
7. [*実行する処理] をクリックし [メッセージをBCCで送信する…] を選択し、警告メールを送信する管理者アカウントを選択して [OK] をクリックします。
※転送先に配布グループを指定することが出来ません。複数ユーザーへ配信を行う際はユーザー毎に選択して設定します。
8. [保存] をクリックします。

ひとり情シスより

既存の閾値が高い為すぐにメールボックスがいっぱいになって使用出来なくなる可能性があるので、80%程度で警告メールを配信する設定にしたいと思います。しかしこれでは、既存のメールボックスに対しての設定なので次回は、今後新規で作成したアカウントにもこの設定が反映される為の設定を入れていきたいと思います。