動画共有アプリ「Stream」とはデータ消費や公開範囲について

動画共有アプリ「Stream」とはデータ消費や公開範囲について

動画共有アプリ「Stream」がOffice365に追加されて、便利に活用して情報共有を円滑にすすめて組織力を強化しましょう。

Streamとは

Office365 Videoに変わるサービスとして、2017年6月20日にリリースされた企業向けビデオ共有サービスです。

Streamアプリの保存容量は、どれくらい?

Microsoft Stream の容量は 500 GB + ユーザーライセンス数 × 0.5 GB

Microsoft Stream には、基本容量のストレージが含まれています。 Microsoft Stream テナントは、500 GB のストレージの固定割り当てと、ライセンスユーザーごとに追加の 0.5 GB の記憶域を受け取ります。 その他の Microsoft Stream storage は別途購入できます。

ストレージ消費は個人のOneDriveが消費されるの?

消費されません。データの保存領域として独自の領域が Azure AD 上に作成されます

会社単位で別途用意されているの?

Microsoft Streamはテナントごとに個別のストレージ領域が設定されています。既定の固定ストレージ容量として 500 GB のストレージ容量と、ライセンスが付与されたユーザー数に応じて追加の 0.5 GB のストレージ容量が付与されます。

会社単位の場合、サイズアップすることは出来る?

ストレージ容量だけを個別に購入可能です

アップする動画は圧縮されて劣化される?

アップロードされたファイルをストリーミングする際に、状況に応じて異なるエンコードが実行されますので、再生画質に関しましては一律の状態とはなりません。各ストリーミングにおける処理の詳細は多岐にわたるので公開情報で確認が必要

Microsoft Stream にアップロードできるサポートされているビデオ形式は多数あります。 各ビデオファイルは、さまざまなビデオ品質と再生用サイズの標準形式にエンコードされます。 ストリームは HTTPS ユニキャストのアダプティブビットレートストリーミング (ABR)を使用して、ビデオプレーヤーの使用可能なネットワーク帯域幅とサイズに基づいて、最適なビデオ再生品質を動的に選択します。

共有範囲について社内ドメイン限定にするには?

Microsoft Stream は動画を外部に一般公開する機能は実装されていません。
またテナント内部に対しても動画に設定された権限として “チャネル” “グループ” “ユーザー” ごとに配信対象を管理いたしますので、配信対象外のユーザ様がは閲覧することは出来ません。安心して社内動画共有が実現出来ます。マニュアル操作やお知らせなどで利用出来ますね。

Streamアプリもあるよ

スマホ貸与は今や当たり前になってきているので、もちろんiPhone版アプリiOSが存在します。伝えたい情報をテキストではなく、動画で社内に展開するには打って付けではないでしょうか?

ひとり情シスより

システム系のマニュアルをドキュメントで作成していましたが、これが結構手間で動く動画で説明が出来るのはとっても楽で大変助かります。24時間シフト勤務だとなおさら自分の空いた時間に必要な情報を引っ張ってこれる内容はとてもいいですよね。まだマニュアル動画作成までは至っていませんが社内セミナーなどで参加出来なかった社員達に共有をかけるのはとても有効的で、時間の無駄が省けますし、相手の時間を乱暴に拘束する必要がなくなって来ています。何より作業方法など先輩のスキルを動画で学習出来る「E-Larning」のような使い方などこれからどんどん使用して行きたいです。