PowerShellコマンドレットでなりすまし送信を許可します。

PowerShellコマンドレットでなりすまし送信を許可します。

DestinationGroupで作成したメーリングリスト(ML)を送信者としてメール送信する際には、許可が必要です。今回はこのMLの許可設定方法についてPowerShellコマンドレットをシェアしたいと思います。

今回の環境オンプレAD

  • オンプレADでoffice365と同期してます
  • MLはオンレプADの「DestinationGroup」で作成しています。

PowerShellコマンドで許可します。

まずは、office365へクライアント端末から接続します。接続方法についてはこちらもご参照ください。

office365へ接続したらこちらのコマンドを投入します。個別のユーザー毎にMLの送信許可を実行します。

該当グループは、「@」より前のアカウント名でも反映されます。

送信許可の設定状況を確認します。

MLに許可されているメンバーを確認しますので、MLを入力して確認

実行結果例

  1. Identity : 該当グループ名
  2. Trustee : 権限が付与されているユーザー
  3. AccessRights : 権限 (所有者として送信の場合は [SendAs] となります)

PowerShellターミナルの右が見切れて見えない場合があるので、ウィンドウはしっかりと大きくして右側の文字列もしっかりと確認しましょう

ひとり情シスより

office365には、共有メールボックスがあるのでこちらをMLとして運用することも可能です。この場合は「office365管理センター」内で送信許可設定がGUIで設定出来るのでとても簡単ですが、運用面から見るとまだまだで、自身のメールボックスにメールが入って来なく、iPhoneなどのアプリ「Outlook」などではメールの送受信が出来ない仕様になっています。これでは、MLの意味を成さないのでまだまだ実運用には向いていません。もちろん「OWA」やデスクトップアプリ「Outlook」には表示可能です。そのため、オンプレで運用されて来た情シスでは、「Destination Group」が実運用には向いています。