Exchange

インプレース保持したアイテムを検索して表示させるには

実際に有事の際に訴訟ホールドを有効化しているメールアイテムを確認するには、インプレース電子情報開示(検索機能)を使用してメールアイテムを確認します。今回はインプレース保持したメールアイテムの確認方法…

Exchange

インプレース保持、訴訟ホールド機能 Exchange Onlineで管理

事件が発生した場合や情報漏洩問題が見込まれる際に管理者としては、しっかりとエビデンスを保管保持しておくことが必要です。そんな時に設定しおく機能が「訴訟ホールド」です。この機能を使用する場合には必要な…

Exchange

オフラインアドレス帳からメールアドレスを非表示

Outlook2016では、Exchangeオンラインにライセンス付与されたメールアドレスを表示します。今回は、このオフラインアドレス帳から見せたくないアドレスを非表示にする手順について共有したいと…

Exchange

Exchange Onlineメールボックス上限アラート通知

Exchage Onlineにてメールボックスの容量が決まっています。ユーザーよりメールが届かないなどの連絡が来る前に指定した閾値にメールボックスが達した場合に、管理者へアラート通知してユーザーにメ…

Exchange

クライアントのメール確認:Exchange管理

Exchangeサービスでは、指定ユーザーのメールアイテムを閲覧することが出来ます。外部委託会社の方だったり会社から一時的にメールアカウントを発行する場合など、チーム管理者が指定のユーザーのメールア…