Teamsの投稿文字はファイルサイズに依存してい25KBを超えると表示されません

Teams

文字数ではなくファイルサイズが上限

Teamsに投稿する際の制限で、25kbのファイルサイズであれば投稿可能です。文字数ではなくファイルサイズ「25KB」になります。

25KBで文字を入力した際に半角入力文字であれば16,000文字」です。チャットの投稿であればこれだけあれば問題ないでしょう。これを超えると文字がすべて表示されません。

ファイルサイズでの制限がかかっているので、文字の装飾をした際に「25KB」の制限に引っかかってしまいます。

投稿文字が非表示になるケース

メール投稿をした際に、過去のメール・メッセージも一緒になって投稿されます。iPhoneからの投稿だと「HTML形式」での投稿で過去のメールスレッドで文字が装飾されていたりすると「25KB」の制限がかかってしまいます。

メールアイテムとしてファイルを開くことは可能ですが、Teams上では開けません。別のメールソフトが「Outlook」などが必要になってきます。

添付ファイルは25KBにカウントされず10ファイルまで添付できます

添付ファイルのファイルサイズは、25KBの制限とは別でカウントされません。添付ファイルは、最大10ファイルまで投稿可能です。添付ファイルの容量はSharePointのストレージが消費されますので、このサイズが一杯になってしまうと添付出来なくなります。

過去に投稿した添付ファイルなどは不要になった場合には削除して整理しておく必要があります。

Microsoft公式サイト情報

ひとり情シスより

外出先からメール情報をそのまま投稿するケースがあり、チャネルに直接メールが転送されてきます。そんなケースの時に今回のようにTeamsへ投稿したが、文字が表示されないことがありました。メール投稿はとても簡単ですが、受けてのことを考えて必要最低限の文字数にして投稿しましょう。まだまだHTML形式でメールを送信しているビジネスマン(Macユーザーやデザイン系)ではそのまま送信されることが多いので気をつけましょう