簡単にPowerShellコマンドでoffice365への接続する為の方法:ps1ファイルの作成

office365

PowerShellコマンドレッドの入力において「office365」への接続部分(前段の作業)がとても面倒です。office365に接続するには、毎回3行ほどコマンドを入力する手間を省くことが出来ます。

コマンドレットを「PS1」ファイルにまとめて、PowerShell上でこのファイルを実行することで、すぐに管理者認証画面に推移します。何度もPowerShellで接続する方にには必見です。

PS1ファイルの作成をします

テキストエディタを起動して下記の内容を貼り付けます。

  1. [ファイル] – [名前を付けて保存(A)…] の順にクリックします。
  2. 保存する任意の場所を選択し、[ファイル名(N):] に「o365」名前を入力します。
  3. ※ ファイル名の後ろに、[.ps1] を入力します。
  4. [ファイルの種類(T):] で [すべてのファイル (.)] を選択します。
  5. [保存(S)] をクリックします。

「o365.ps1」からの簡単接続方法(Exchange)

  1. [Windows PowerShell] (もしくは Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール) を右クリックして [管理者として実行 (A)] を選択し起動します。d
  2. 正常に Windows PowerShell が起動すると、以下のような画面が表示されます。
  3. PS C:\Windows\system32

※ 環境により、表示されるタイトルやメッセージは若干異なる場合があります。

以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押下してコマンドを実行します。

[構文]
<ファイルの保存先のパス>

[実行例]
C:\Temp\o365.ps1

※ C ドライブ 配下の Temp フォルダーに “o365.ps1” というファイル名を指定しております。

管理アカウント名とパスワードを入力する画面が表示されますので、入力します。Exchange Online への接続が完了します。

ひとり情シスより

Powershellコマンド接続については、毎度のことなのでここはショートカット出来ると運用がとても楽になります。是非この「PS1」ファイルは作成して置いた方が良いでしょう。情シスのみ使用ですが効果は絶大です。