SharePointサイトコレクション使用量コマンド

PowerShell を使用して、SharePoint Online サイト コレクション記憶域の一覧を取得する!!!!!!!!

 

 

サイト コレクションの記憶域の一覧を取得する

事前準備

PowerShell のコマンドレットを実施にて、Windows PowerShell がインストールされている必要です。

A. Windows Management Framework 3.0 をインストールする

下記の Microsoft ダウンロード センターから、Windows Management Framework 3.0 をインストールします。
なお、Windows 8 以降をご利用の場合は、ダウンロードする必要ありせん。

タイトル : Windows Management Framework 3.0 (英文)
アドレス : http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=34595
※ Windows のバージョンごとのモジュールの選択は、”Install Instructions” のセクションに案内があります。

B. SharePoint Online Management Shell をインストールする

※ 最新の SharePoint Online Management Shell が端末にインストールされている場合は本手順は不要です。

下記の Microsoft ダウンロード センターから、 SharePoint Online Management Shell をインストールします。
OS に合わせて、32 bit 用か、64 bit 用を選択します。

タイトル : SharePoint Online Management Shell
アドレス : http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35588

<手順詳細>

1) SharePoint Online Management Shell を起動します。
2) 以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押下します。

コマンド :

 

例 : テナント名が “DDD” の場合は以下になります。

 

3) “アカウントにサインイン” のダイアログが表示されますので、管理者権限アカウントにてサインインします。
※ コマンドを実行するためには、全体管理者もしくは SharePoint Online 管理者で実行します。
4) 以下の書式を入力し、一覧を取得します。

コマンド :

※ StorageUsageCurrent に “使用されている容量”、StorageQuota には “割り当てられている容量” (単位 : メガバイト) が表示されます。

CSV ファイルにエクスポートする場合は、以下の書式を入力します。

構文例 :

例 : エクスポート ファイルの保存先を “C:Users\UserName\Desktop” ファイル名を “File” とする場合は以下になります。

 

これでCSVの出力は完了です。