SharePointサイトコレクションの使用量を1発で確認するPowerShell

SharePointサイトコレクションの使用量を1発で確認するPowerShell

2018年1月16日
Google AdSenseの広告です。クリックすると詳細な情報が見れます。

PowerShell を使用してSharePoint Online サイト コレクション使用量の一覧を取得する!

今回は、現在利用しているSharePointサイト コレクションの記憶域の一覧を取得します。PowerShellコマンドを使用してCSVに吐き出します。office365管理画面でもSharePoint管理センターに行けば容量などが確認出来るのですが、度重なるインターフェイスのアップデートが発生するので、記録として残しても使用が変わってしまいます。そこでPowerShellコマンドでサイト別使用容量を確認したいと思います。

事前準備

PowerShell のコマンドレットを実施にて、Windows PowerShell がインストールされている必要があります。

A. Windows Management Framework 3.0 をインストールする

下記の Microsoft ダウンロード センターから、Windows Management Framework 3.0 をインストールします。
なお、Windows 8 以降をご利用の場合は、ダウンロードする必要はありせん。

Download Windows Management Framework 3.0 from Official Microsoft Download Center

Includes Windows PowerShell 3.0, WMI, Wi…
www.microsoft.com

※ Windows のバージョンごとのモジュールの選択は、”Install Instructions” のセクションに案内があります。

B. SharePoint Online Management Shell をインストールする

※ 最新の SharePoint Online Management Shell が端末にインストールされている場合はこの操作は必要ないです。

下記の Microsoft ダウンロード センターから、 SharePoint Online Management Shell をインストールします。
OS に合わせて、32 bit 用か、64 bit 用を選択します。

Download SharePoint Online Management Shell from Official Microsoft Download Center

SharePoint Online Management Shell は、Win…
www.microsoft.com

 

<手順詳細>

1) SharePoint Online Management Shell を起動します。
2) 以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押下します。

コマンド :

 

例 : テナント名が “DDD” の場合は以下になります。

 

3) “アカウントにサインイン” のダイアログが表示されますので、管理者権限アカウントにてサインインします。
※ コマンドを実行するためには、全体管理者もしくは SharePoint Online 管理者で実行します。
4) 以下の書式を入力し、一覧を取得します。

コマンド :

※ StorageUsageCurrent に “使用されている容量”、StorageQuota には “割り当てられている容量” (単位 : メガバイト) が表示されます。

CSV ファイルにエクスポートする場合は、以下の書式を入力します。

構文例 :

例 : エクスポート ファイルの保存先を “C:Users\UserName\Desktop” ファイル名を “File” とする場合は以下になります。

 

これでCSVの出力は完了です。

このデータをデスクトップで開いてい確認します。

 

SharePointサイトの制限について

SharePoint limits - Service Descriptions | Microsoft Docs

Learn the SharePoint limits for Microsof…
support.office.com

ひとり情シスより

毎回コマンドを叩いて確認するのはとても面倒です。使用容量などの管理サイトを入れ込んでほしいものですが、PowerBIなどを駆使して管理サイトを構築しているSlerなども見つけました。話を聞くと構築費用に100万円もかかるそうです。中小のコストセンター「ひとり情報システム」ではこの費用は大きすぎます。これからもこのPowerShellコマンドを実行して確認して行くしかありません。あっなんかアラートメール配信機能などないのかぁ?