GMO VPS初期セットアップ:OSインストール

Linux

GMO VPSにてCentOSのインストールして下地作りをします。

今回は、Webサーバを構築していきたいので、Linux系のOS、CentOSをインストールしてTeraTermなどからアクセス出来るようにインフラサーバチームの初歩的は操作になります。

事前に準備しておくもの

  • 管理者PW
  • ホスト名
  • ユーザーアカウント名

GMO VPSにログイン

ログインページよりログインします。

ログイン – GMOクラウド VPS ポータルサイト

契約時に発行された,IDとPWを入力します。

VPSコンソール:OS再インストール

OS再インストールへドラッグ&ドロップします。

実行をクリックします。

該当サーバが、オンになればインストール作業は完了です。

ひとり情シスより

インフラチームとしてはこの作業は、今までデータセンター内に籠もって作業をしていましたが、ここ最近では「VPS」サービスが普及して初っ端からクラウドに乗せてサーバインフラ部分を構築することが出来ます。ほんと楽になって素晴らしいですね。どんどんインフラチームの作業が削減されて来ています。