NGINX+PHPをインストール:CentOS6

Linux

 

 

NGINXをベースにWebサーバを構築します。

NGINXをインストール

下記のコマンドを入力します。
そして、バージョンも一応確認します。

rpm -Uvh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
yum install nginx -y
nginx -v
nginx version: nginx/1.12.2

phpインストール

yum -y install php-fpm

phpバージョン確認

ここでは、PHP7.0をインストールしています。

# php -v
PHP 7.0.21 (cli) (built: Jul  5 2017 14:45:27) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.21, Copyright (c) 1999-2017, by Zend Technologies

PHP-FPM(FastCGI Process Manager)の設定

オリジナルファイル:www.conf はバックアップをしておきます。
ファイル名の後ろに「.back」を付けて保存

デフォルトの設定は、userとgroupが「apache」になっているので
nginxへ変更します。

cp /etc/php-fpm.d/www.conf /etc/php-fpm.d/www.conf.back
vi /etc/php-fpm.d/www.conf
; Unix user/group of processes
; Note: The user is mandatory. If the group is not set, the default user's group
; will be used.
; RPM: apache Choosed to be able to access some dir as httpd
;user = apache //nginxに変更
user = nginx
; RPM: Keep a group allowed to write in log dir.
;group = apache //nginxに変更
group = nginx

自動起動設定:NGINX+PHP-FPM

サーバ再起動時に「NGINX」と「PHP-FPM」が自動で起動する為の設定

設定確認
chkconfig --list | grep php*
php-fpm         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
chkconfig --list | grep nginx
nginx           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
設定投入
chkconfig php-fpm on
chkconfig nginx on

Run Level 状態
0 システムの停止
1 シングルユーザモード
2 マルチユーザモード
3 マルチユーザモード(コンソールログイン)
4 未使用
5 マルチユーザモード(ディスプレイマネージャ使用)
6 システム再起動

 

インストールされているソフトを確認

yum list installed | grep ソフトウェア名
yum list installed | grep php*   (ワイルドカードを使いインストールされているPHPを抽出します)

今後サブドメインが使用出来るように
NGINXでバーチャルホストが使用出来るように設定を入れます。