GMOVPSサーバ構築はじめの1歩

GMOVPSサーバ構築はじめの1歩
2018年1月29日
Google AdSenseの広告です。クリックすると詳細な情報が見れます。

GMOクラウドのサーバ初期設定を実施する!

OSはCentOS6

サーバの状態を確認

「GMOCLOUD」の管理センターへログインします。
契約一覧で使用しているサーバの状態を確認
「ON」になっていれば OK!

サーバアイコンはこちらです。
私は「CentOS6」で契約しているので
こちらの表示になります。

「OFF」になっている場合は、アイコンを
起動の項目までドラックアンドドロップします。

GMOVPSコンソール情報

 

サーバ動作管理

・起動
・停止
・再起動
・リカバリーモード

サーバ設定管理

・コンソール
・コントロールパネル
・マルチドメイン設定

その他サーバメニュー管理

・サーバ情報
・サーバパスワードリセット
・OS再インストール

サーバ情報を確認する

グローバルIPアドレス:メモを取ります。
パスワード:rootユーザーのパスワードです。

サーバパスワードリセット

パスワードを忘れた際に利用します。

コンソール接続を実行する

サーバアイコンを「コンソール」まで
ドラックアンドドロップします。

コンソールウィンドウを開きます。
と聞かれるので、「実行」をクリックします。
IDは「root」
ここで、「サーバ情報を確認する」で見た
パスワードを使用します。

iTermからの接続許可設定

SSHでの接続を行います。
コマンドはこちら

 ssh root@***.***.**.***

「***」の箇所は、グローバルIPアドレスです。

接続完了

これで契約しているサーバに接続出来ました。
この後にセキュリティ面などの設定を実施しています。