画像素材を使うならAdobe Stockで簡単取得。CCとの連携も抜群

画像素材を使うならAdobe Stockで簡単取得。CCとの連携も抜群

Adobe StockとはAdobe社が提供する画像や動画の「ストックフォト」サービスのことです。最近では定期的にキャンペーンを実施して30日間10点無料利用サービスなどを展開しています。

Adobe Stock は、あらゆるクリエイティブプロジェクトに利用できる高品質なロイヤリティフリーの写真、ビデオ、イラスト、ベクター、3D、テンプレート数千万点を厳選して、デザイナーや企業、教育機関、官公庁向けに提供するストックフォトサービスです。Adobe Stock では、複数の素材をサブスクリプションとして購入できます。様々なサブスクリプションパッケージが用意されています。

Adobe社

Adobe Stockのメリット

Adobe製のCreativeCloud (Adobe CC)との連携が素晴らしい

多くのデザイナーが使用しているソフト、illustrator、Photoshop製品との連携がよい。

Adobe Stockのデメリット

Creative Cloudのコンプリート版を契約していても、Adobe Stockは別途契約をする必要があります。また、広告、製品販売などの商用目的で使用することはできないものもあります。

料金体系

月額費用はこちらです(2018年11月時点)

AdobeStock

Adobe Stockの運用

社内の運用では、サブスクリプション(ライセンスの購入)には管理部門が避けても通れないと思います。しかしこの毎月のダウンロード点数契約を結んでおけば、すぐに画像が欲しい使用したいデザイナーの作業をストップさせずに利用出来ます。

ひとり情シスより

悩ませる画像の転用や著作権問題は、管理部門を悩ませています。しかしこの「Adobe Stock」のサブスクリプションを契約しておけば、緊急時の問題もクリアされます。そして何よりデザイナーがいつも親しんでいている「illustrator」や「PhotoShop」との連携(使用)も簡単であることから「Win」-「Win」の関係ではないでしょうか。 また、Adobeのネームバリューも社内決済をとる信頼度が増してより使いやすくなってきているのではないかと思います。